大事な肌のケアにはアルコールと人工香料無添加の製品で

日々のお手入れ、大事な肌を守ってもっときれいにするためのスキンケアは欠かせません。

またお化粧する時も、できるだけ化粧品で肌が荒れないようにしたいものです。

そのためにもスキンケア用品や化粧品は、アルコールと人工香料無添加の物をを使用するのが、本当におすすめなのです。

化粧品やスキンケア用品の成分表示はきちんと見て

化粧品やスキンケア用品、特にお肌のお手入れのためのケア用品を選ぶ時、配合成分のチェックは必須です。

アルコールや鉱物油などはもちろん、香料など添加物は意外と多いものです。

これら添加物については、充分な注意が必要です。

何と言っても、身体は日々変化していくものです。

ある日突然、敏感肌になったり何かのアレルギーにならないとも限りません。

アルコールの配合されている製品は多いのです

アレルギーと言えば、特にアルコールについては、気をつけなくてはなりません。

アルコールのアレルギーが少しでもある場合、ケア用品にアルコールが含まれているとかなり怖いことになってしまいます。

また敏感肌にもアルコールは使用を控えなくてはいけないことは、皆さんご存知ですね。

特に風呂上がりの無防備な肌に使用する化粧水には充分な注意が必要です。

化粧水にはアルコールが配合されていることが多いので、特に気をつけてください。

暑い季節など、風呂上がりに化粧水をつけてスーッと涼しくなりたいと思うのは当然のことです。

しかしこの時に涼しく感じられるのは、アルコールが揮発するからです。

気持ちいいのは勿論ですが、でもそれが原因で肌荒れなど起こしてしまっては、元も子もありません。

今は別にアルコールアレルギーがないから大丈夫と油断せずに、先手を打ってアルコール無添加の製品を選びたいものですね。

意外と見落とされがちな香料についても注意を

いい香りのする化粧品やケア用品を使用して、香りで癒やしをと思うこともありますね。

好きな香りに包まれていれば、それだけで心も軽くなるものです。

しかしここでも少しだけ注意をしてください。

人工香料に身体が反応してしまう人もいるのです。

人によってはその匂いで、逆に気分が悪くなったりすることもあります。

出来れば香料も無添加のものが、安全のために望ましいです。

夜のリラックスタイムにもし香りが欲しい場合は、自然のアロマなど焚いてリラックスするのはどうでしょうか。

化粧品自体は無香料のものが、これも安全に使用ができるのでおすすめです。

まとめ

勿論何もかも無添加のスキンケア用品や化粧品では、無味乾燥過ぎます。

特に気をつけておいたほうが良いのが、上に上げたアルコールと香料です。

大事な肌をきれいにするために、この2つの成分無添加の製品の使用をおすすめしたいです。

nsbgc.org

Author
No description.Please update your profile.

View all post by nsbgc.org