プラセンタ注射は保険適用される?美容目的でのプラセンタ注射は保険適用されるのか知りたい!

美容に良い効果をもたらしたり、病気を改善する効果も期待できるプラセンタ注射。

若い女性から年配の男女まで、プラセンタ注射をしてる人は多いですよね。

そんなプラセンタ注射はクリニックで行っていますが、クリニックという事は保険が適用されるのか気になるところですよね。

果たして、プラセンタ注射で保険は適用されるのでしょうか?

※あわせて読みたい:プラセンタサプリ人気ランキング2018

保険適用される場合とは

結論から言いますと、保険適用されるのは更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害の治療でプラセンタ注射をする場合のみです。

美容目的や疲労回復でのプラセンタ注射は保険適用されません。

何故かと言うと、保険適用されるケースというのは「病気・怪我」「日常生活を送るのが困難な症状」の場合のみと決まってるので、上記の3つ以外は保険適用されないんですね。

上記の3つは保険適用されるので自己負担は費用の三割になり、大体500円ぐらいでプラセンタ注射を受けられるようになります。

ただし、更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害の治療の治療の場合でも、保険適用される回数が決まってるのに注意です。

更年期障害・乳汁分泌不全は1アンプルまで、肝機能障害は2アンプルしか保険が適用されず、それ以降は全額自己負担になるので気を付けてくださいね。

「保険適用されない=費用が高い」というわけじゃない

美容目的でプラセンタ注射したいのに、保険が適用されないなら費用が高くなるから出来ないじゃん!

そう考える人もいますよね。

継続的に行いたいプラセンタ注射は、費用が高いと受けること自体が厳しいです。

しかし、プラセンタ注射は保険が適用されず全額自己負担になったとしても、1回1,500~2,000円が大体の相場なので安心なんですよ。

週に2回の頻度でプラセンタ注射をしたとして、月に8回、12,000~15,000円ほどの費用で済みます。

15,000円くらいなら、主婦でも無理なく払う事が出来ますよね。

保険適用されないからといって、プラセンタ注射の費用が高いわけじゃないので安心してくださいね。

安心してプラセンタ注射を受けよう!

紹介したように、プラセンタ注射で保険適用されるのは更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害が理由で行う場合のみです。

しかし、美容目的や疲労回復目的でのプラセンタ注射でも、1回の費用が1,500~2,000円ほどなので、けして高いわけじゃありません。

主婦のおこずかいでも問題なく払える費用なので、高いからと敬遠せずに、ぜひ気軽にプラセンタ注射を試してみてくださいね。

プラセンタ注射で、美しい肌と若々しさを取り戻しましょう!

nsbgc.org

Author
No description.Please update your profile.

View all post by nsbgc.org